【信頼と実績】技術のクリハラ/株式会社クリハラのウェブサイト

株式会社クリハラ(本社:宮城県名取市)は、製造機器メーカーとして生コンバッチャプラントから建設機器の開発・製造・販売を60年以上も手がけ、ドイツ・エルバ社との技術提携など最新技術の導入とともにワールドワイドに「信頼と技術」を得て躍進を続けています。新たに環境にやさしい微生物による生ゴミ処理装置を独自開発し、学校、給食センター、病院、外食産業等に採用され業界トップクラスの実績を誇り実績を積み重ねています。

会社案内・概要・沿革

会社案内

会社案内
会社社屋
工場風景

昭和21年7月、栗原工業株式会社を創設以来、一貫して建設関連機器を製作販売して参りました。
昭和47年生産部門を分離独立して今日に至っています。

ドイツ・エルバ社とミキサ及び生コンプラントの技術提携をいたしましてから半世紀、常に業界をリードする卓越した性能を持ったエルバミキサを擁し、集積された技術と斬新な設計を持って「クリハラのバッチャプラント」を製造し、時代の要求に応え、業界の技術革新と経営の合理化に寄与すべく企業総力を結集してまいりました。

バッチャープラントは、高品質、高生産性、より高度な品質管理、操作性の向上、業務管理の省力化等のニーズが高まるとともに、目覚しいコンクリート工学の発展に伴って、コンクリートの性質も多種多様となってまりました。

弊社は、時代が求めるニーズをいち早くとらえ、多様化するニーズや複雑化する業務の的確に対応するため、豊富な経験や優れた技術を生かし、バッチャープラントの地域社会と人間生活の調和・近代化に向け、常に一歩前進した技術の向上と信用と誠実を三つの柱として、業界のご要望にお応えしてまいります。

このページのトップへ

会社概要

会社概要
社名 株式会社クリハラ
所在地 〒981-1224 宮城県名取市飯野坂二丁目6番15号
創立 昭和21年7月8日
設立 昭和47年10月1日
事業の目的
  1. 機械及び部品製作ならびに販売
  2. 鉄材に依る製作ならびに販売
  3. 機械器具設置工事
  4. 前各号に付随する一切の業務
資本金 6,200万円
代表者 取締役社長 吉川久義
決算日 9月25日
主要取引銀行 岩手銀行 北仙台支店
七十七銀行 増田支店
出張所 東京営業所
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27番2号 日機ビル
関連会社 極東エルバ株式会社
〒103-0004 東京都中央区東日本橋2丁目27番2号 日機ビル

このページのトップへ

会社沿革

会社沿革
1946年(昭和21年) 栗原工業株式会社として設立。
1953年(昭和28年) 「栗原式砂利採取機」「栗原式水路用自動除塵機」「栗原式回転スクリーン」「栗原式水門開閉遠隔表示装置」等の各種機械を製作販売する。
1962年(昭和37年) 西ドイツ・エトリンゲン所在のELBA社と技術提携をし「エルバ強制練りミキサ」「エルバ生コンクリートプラント」の国産化を開始する。
1969年(昭和44年) 生産拡大のため宮城県名取市に工場を建設一部移転する。
1970年(昭和45年) デンマーク・トーマスシュミット社と技術提携しホットコンクリートプラントの国産化を開始する。
1972年(昭和47年) 事業拡大に伴ない栗原工業株式会社より分離独立して宮城県名取市にエルバ株式会社を新設する。
1977年(昭和52年) 「エルバ式生コンクリートプラント排水処理装置」「エルバ式砂利選別プラント排水処理装置」を開発する。
1981年(昭和56年) 「プレスドラム式連続自動脱水機」を開発する。
1985年(昭和60年) 社名を株式会社クリハラに変更する。
1990年(平成2年) シャフトレス・ミキサの国産化を開始する。

このページのトップへ

クリックで拡大表示

〒981-1224
宮城県名取市飯野坂二丁目6番15号
TEL:022-384-3136
FAX:022-384-1176
地図の拡大表示